脱毛サロンに通って脱毛したいけど
そんなお金も時間もない
…という人
多いんじゃありません?
少なくとも私はそうです。
脱毛には興味はあるけど
高いお金を出してまでいいやって感じです。

そんな思いを持っている人に人気なのが家庭用脱毛器です。
自宅でエステ並みの脱毛効果を受けられます!
というのは受け売りなのですが
ここで一つ疑問に思いました。
疑問に思った

「じゃあ別にサロンでも良くない?」と。
しかしこうも思います。「家で済むならラクでいいな」とも。
わざわざ外出して除毛してもらうよりも
家で自分のタイミングで除毛できるな
ら気楽でいいなと思うのです。

調べてみると家庭用脱毛器を使って全身脱毛した場合
エステに数ヶ月通って全身脱毛してもらうよりも
数万円近くお得になることがわかりました。

この情報を聞いてからいろんなサイトを見て
脱毛器を調べているのですが
高いものは10万円近くするのに対して
安いものは4,000円程度で買えるものまで幅広くありました。
これではどれを選んでいいのかわからないですよね?

そこで今回は私が独断で選んだ3つの基準を元に
コスパの良い家庭用脱毛器をベスト5にランク付けしてみました。
あなたにピッタリな脱毛器選びの手助けになれば幸いです!

1:家庭用脱毛器って何?こんな人にもおすすめ!

脱毛器
脱毛サロンやクリニックで使われる
医療レーザーを家庭用に使えるくらいの出力に
調節したものが家庭用脱毛器です。
そのぶん効果は低くなっていますが
数ヶ月おきにしか予約を取れないサロンと比べて
2~3週間に1回くらい速いペースで処理できるのがポイントです。

効果が低めな分、小回りのきいた除毛が可能です。

こんな人におすすめ!

・脱毛サロンに通いたいけど近くにサロンがない…
・仕事や子育てが忙しくて通えない…
・サロンの人に除毛してもらうのは恥ずかしい…
・あまりお金をかけたくない…
・急な仕事が入るので予約ができない…

家庭用脱毛器は文字通り家で
自己処理という形になるので
良い意味でマイペースに除毛が出来ます。
悪い面としては万が一
トラブルがあっても自己責任になる点でしょうか。

どんな種類があるの?

選択を迫る女
大きく分けて4種類あります。

【フラッシュ式家庭用脱毛器】
……………………………………………………………………………………………………………

毛に含まれる黒い色素(メラニン)に反応する光を当てて毛根にダメージを与える種類です。
脱毛サロンで使われている方法で、毛根に直接ダメージを与える分効果が長続きします。

【レーザー式家庭用脱毛器】
……………………………………………………………………………………………………………

フラッシュ式家庭用脱毛器と同じ仕組みですが、こちらのほうが脱毛効果が高いです。
永久脱毛が出来る脱毛クリニックの医療レーザー脱毛と同じ仕組みですね。

【サーミコン(熱線)式家庭用脱毛器】
……………………………………………………………………………………………………………

熱線でムダ毛を焼き切ります。
電気シェーバーのようにお手軽に使えてツルツルに仕上がるのが特徴です。

【ローラー式家庭用脱毛器】
……………………………………………………………………………………………………………

回転するローラーにムダ毛を挟んで抜く処理法です。
これまでの処理法と比べて安価で手に入るのが特徴です。

 

どの種類を選べばいいの?

正直に話すなら・・・・・
「サーミコン(熱線)」「ローラー式」の2つはあまりおすすめできません。
2つとも脱毛効果はあるのですが
毛根に作用しないため処理する回数が増えてしまうのです。

表面に出ている毛を直接処理するので
速攻で肌をキレイに出来ることとコストが安いという
メリットはありますが、この先使い続けることを考えると
毛根に作用する「レーザー式」「フラッシュ式」を選ぶのが無難だと思います。

2:家庭用脱毛器の選び方のポイントは?

ポイント
もちろんコスパがいいものを選びたいですよね。
しかし、コスパと一口に言ってもなかなか難しいもの。
高ければいいってわけでもないですし
安いものはその分機能も落ちます。

そこで、冒頭でも書いた3つの基準の出番です。
照射する回数と痛みが減る照射範囲も重要ですが
ここでは【使える部位の多さ】【照射数】【出力レベルは何段階まであるか?】
の3つの基準で考えてみたいと思います。

どの部位に使えるか?

どの部位に使えるかは
もっとも注意すべきことだと思います。
中でもVIOライン、デリケートゾーンに
使えるかどうかはよく見ておいたほうが良いと思います。

照射数は多いか?

使う機械によってカートリッジを
交換することで無限に使えるタイプと
使える回数が決まっていて
使い切ったら本体は捨てることになる
タイプの2種類あります。

使い切りタイプでも20万発ほど打てるものもあるので
1回買えば数年は使っていけます。
でも多く打てるに越したことはないですよね?

出力レベルは何段階まであるか?

照射する場所によって
光の出力を変えることで
痛みを抑えることができます。

なので出力レベルが細かく
調節できると便利です。
痛みを我慢して使っていると
火傷したりと危険です。

中には自動でレベルを調節してくれる機種もあるようです。

3:コスパで選ぶ女性向け家庭用脱毛器おすすめランキングベスト5

審査基準
使える部位・照射数・出力レベルの多さを基準に脱・毛UNZARI編集部が家庭用脱毛器に順位をつけました。

審査基準をさらに細かく説明すると、

・使える部位がVIOを含む全身に使えたら★★★
・照射数が20万発以上なら★★★
・出力レベルが10段階以上あれば★★★

となります。

第5位 :フィリップス ルメアプレステージ

フィリップス 光美容器 ルメア プレステージ パールホワイト 画像

出典:amazon.co.jp

・使える部位:★★★(顔、脇、腕、脚、ビキニラインまで!)
・照射数:★★★(25万発)
・出力レベル:★★☆(5段階)

アタッチメントを変えることで顔からビキニラインまで幅広く使えます!
手に馴染む形で、コードレスなので手が届きにくい場所にも
扱いやすいのが特徴で、高い照射力から男性にも人気が高いモデルです。

第4位 :Rowan(ローワン)

脱毛器 ローワン(Rowan) 光美容器  画像

出典:amazon.co.jp

・使える部位:★★★
・照射数:★★★(20万発)
・出力レベル:★★☆(8段階)

コンパクトな本体とシックなデザインが目を引くデザイン。
脱毛機能もかなりの性能ですが、ローワンの特徴は

・カートリッジを付け替えることで脱毛と美顔の機能を使い分けることができる!
・Bluetooth機能で普段はスピーカーとしても使える!
・音声案内付きで説明書いらず!

のように他の脱毛器より多機能なのが特徴です!

第3位:レイボーテRフラッシュ

A-MAN(ヤーマン) レイボーテ RフラッシュPLUS STA-197P 画像

出典:amazon.co.jp

・使える部位:★★★
・照射数:★★★(100万発)
・出力レベル:★★☆(5段階)

美容機械メーカーの大手「ヤーマン」が企画開発!
「インテリジェントローラー」と呼ばれる機能が搭載されていて
ローラーを肌の上で転がすだけで光が照射されるので
一回一回肌に当て直して照射するよりも時短ができます。

出力レベルは5段階とやや少なめですが
内蔵の肌色センサーで肌の色を見分けて
適切な出力レベルに自動調節してくれるので安心です。

第2位:ヤーマン レイボーテグランデ

A-MAN(ヤーマン) レイボーテグランデ 商品

出典:amazon.co.jp

・使える部位:★★★
・照射数:★★★(20万発)
・出力レベル:★★★(10段階)

3位でも登場したレイボーテシリーズの一品。
性能だけで見れば完全な上位互換です。
シリーズのなかでも最高出力。
2倍近く大きくなった照射面積による
最速の照射スピードが自慢!

脱毛後の肌を冷やすための
クールヘッドが付いているのもポイントです。
このセットだけで
脱毛後のアフターケアまでばっちりです。

第1位:ケノン

ケノン 画像

出典:amazon.co.jp

・使える部位:★★★
・照射数:★★★(100万発)
・出力レベル:★★★(10段階)

家庭用脱毛器でも
トップクラスの性能を備えているのが「ケノン」です。

全身に使えるのはもちろん
レベル1なら衝撃の100万発
最高レベルでも30万発打てる
多めのショット数でコスパもバツグン
7センチもある大きい照射範囲で
片脇が10秒で脱毛完了します!

コスパと使いやすさで考えれば文句なしの第1位です!

(※計算式:横3.5センチ×高さ2センチ=7センチ)

4 おすすめ女性用家庭用脱毛器の比較表

ランキング結果を表にまとめてみました。

1位 2位 3位 4位 5位
画像
ケノン 画像

出典:amazon.co.jp

ヤーマン 画像

出典:amazon.co.jp

ヤーマン 画像

出典:amazon.co.jp

ローワン 画像

出典:amazon.co.jp

フィリップス 光美容器 画像

出典:amazon.co.jp

名前 ケノン レイボーテグランデ レイボーテ
Rフラッシュ
Rowan(ローワン) ルメアプレステージ
照射数 100万発 20万発 100万発 20万発 25万発
出力レベル 10段階 10段階 5段階 8段階 5段階
サイト Amazon Amazon Amazon Amazon Amazon

 

5:女性用家庭用脱毛器の効果的な使い方

家庭用脱毛器はどんどん改良が進んでいて、何も考えずに使ってもかなり高い除毛効果を発揮してくれるのですが、それではもったいないですよね?
基本をしっかり押さえた使い方をすることでより効果的に使うことが出来ますよ!

 

①下準備!毛を剃ろう

毛が長いままだと毛が焦げて嫌な匂いがするばかりか、火傷することがあります。
なので脱毛器を使う前には必ずカミソリなどで毛を剃ってだいたい5ミリ以下まで短くしましょう。
脱毛器は毛穴の中の黒い毛根を探知して光を照射するので、脱毛クリームや毛抜きなど毛根の残らない除毛をすると効果がなくなってしまいます。

また、剃った当日は肌が敏感になっているので照射する前日に剃っておくのが無難です。

②肌を冷やします

照射する前に肌を冷やします。
こうすることで照射時の痛みを感じにくくしたり、肌の赤みやかゆみなどのトラブルを防ぐ効果があります。
ケノンなど一部の脱毛器には専用の冷却ジェルが付いていることもありますが、ない場合はケーキなどに入っている保冷剤や保冷枕などで10秒ほど冷やしましょう。
この時、肌に水滴が残らないようにタオルで軽く拭きます。

③照射

 

肌が冷えているうちに部位によって照射レベルを調節しながら照射します。
脚や腕は高いレベルでも大丈夫ですが、脇やデリケートゾーンなど毛が濃く太い部位はレベルを下げると痛みが軽くなります。
同じ場所に照射してしまわないように、黒いペン以外で肌に印を付けるというテクニックも紹介されていました。

④もう一度冷やす。アフターケアの保湿も忘れずに

照射が終わったらもう一度肌を冷やします。
毛穴の奥の毛乳頭だけでなく肌も熱でダメージを受けているので炎症が起きないようにしっかりと冷やしましょう。

十分に冷やしたら肌の感想を防ぐために化粧水やクリームで保湿ケアをすることを忘れないようにしてください。

⑤脱毛の間隔は2週間

 

毛根までしっかりと除毛することで抑毛効果が発揮されるのですぐには生えてこないと思いますが、次に除毛するまでは最低でも2週間の間を置いてください。

 

6:比較!脱毛サロンと家庭用脱毛器はどっちが使いやすい?

全く別物なので本来なら比べる理由がないのですが、個人的に気になったので比べてみました。

脱毛サロン 家庭用脱毛器
効果 高い 高い
料金 高い やや高い
範囲 全身 機種によって変わるがほぼ全身
全身脱毛までにかかる時間 1年

数十分

永久脱毛 レーザー脱毛なら出来る

出来ない

 

こうしてみるとそんなに大きく差は無いように思えますね!
ただ一つ決定的に違うのは永久脱毛が出来るかどうか。
サロンやクリニックで使われるレーザー脱毛器なら1年~2年ほど定期的に通うことで永久脱毛することが可能ですが、家庭用脱毛器ではレーザー式のものを選んでも永久脱毛することは出来ません。

通う必要があり、時間もお金もかかるが全身脱毛が出来るサロンか、
全身脱毛は出来ないし自己処理になるが一回買えばほぼ毛のない状態を維持できる脱毛器か。

 

正直なところ好みで選んでいいと思います。

7:手軽に全身ツルツルに!家庭用脱毛器は時間のない人におすすめ!

初めはこんなに高い値段を出さなくちゃいけないのならエステでもいいんじゃ?と疑いの目ではじめましたが、エステと脱毛器は完全に別物でした。

家庭用脱毛器って?
・家でエステ並みの脱毛ができる機械
・出力が落ちて永久脱毛はできないが除毛力は高い
・家で自分のタイミングで除毛が出来る

脱毛サロンの施術が家でも受けられるということです!
永久脱毛できないのが欠点ですが、2週間に一回くらいのペースで使えば何度でもツルツルの肌が蘇りますよ!
しかも慣れれば全身十分かからないほどのペースで除毛できるようになるようです!
時間のない人にこそオススメの家庭用脱毛器!ぜひ試してみてくださいね!

まとめ
・選ぶならレーザーかフラッシュ式!
・「どの部位に使えるか」「照射数は多いか」「出力レベルは何段階か」に注目して選ぼう!
・毛を剃って下準備!アフターケアの保湿もお忘れなく!
おすすめの記事