白い下着を履いた女性
海外では当たり前になっているVIOの処理。
最近では日本の脱毛サロンなどでも
VIO処理の人気が高まっています。

 

ですが・・・
なかなか人に見られるのが
恥ずかしい部分でもあるので、
自分で処理したいという方も
多いのではないでしょうか。

 

自分で処理したくても
どんなシェーバーで
処理したらいいのかわからない!

という方のために価格や使いやすさに注目し
おすすめのシェーバーを集めました。
VIO(デリケートゾーン)の処理の方法もご紹介します。

 

理想のVIO(デリケートゾーン)を
手に入れて見えない部分も
綺麗にしている余裕のある女性を目指しましょう。

この記事が皆さまのお役に立てると幸いです。

1 VIO(デリケートゾーン)ってどこ??

「VIO」という言葉は聞いたことがあるけど
どの部分なのかイマイチ分からない!
という方もいると思います。

VIOの具体的な場所はこちら。
ミュゼ 出典:ミュゼ

左から、【Vライン】【Iライン】【Oライン】です。

▶ Vライン

この範囲を処理すると
また上の浅い水着や下着も安心して着ることができます。
また、ボリュームを減らすことで
もっさり感をなくすことができます。

▶ Iライン

Iラインは粘膜に近い部分で
特に生理中はムレやすくなります。

VIOを処理する方の中では
Iラインを処理する方が特に多いようです。
Iラインを処理することで
生理中もムレにくく清潔に保つことができます。

▶ Oライン

Oラインは自分では
なかなか見えづらい部分ですので
気づきにくい部分です。
鏡で見て初めてこんなに生えてるのか!
と気づく方も多いと思います。
衛生的にもOラインは
処理することをおすすめします。

2 VIO(デリケートゾーン)を処理するメリット

◎ 衛生的に保てる

女性のVIO(デリケートゾーン)は
もともと非常にムレやすく
雑菌が繁殖すると
すぐに痒みやニオイなどの
トラブルが起きてしまいます。

VIO(デリケートゾーン)を処理することで
ムレを軽減することができ
生理などの不安定な時期も快適に過ごせるようになります。

◎ 水着や下着を綺麗に着こなせる

水着や下着を着たときに毛がはみ出ていたり
毛の量が多くてビキニラインが盛り上がっているのは、
男性からするとかなり残念な気持ちになるでしょう。
そんな状態では可愛い水着や下着を着ていたとしても魅力が半減してしまいますよね。

VIO(デリケートゾーン)を整えることで
可愛い水着や下着もおしゃれに着こなす事ができます。

白いベールに包まれた外国人女性

3 自己処理に一番最適なのはシェーバー!?

◎ 肌を傷つけにくい

電気シェーバーは刃が直接肌に
当たらないように作られているので
肌を傷つける心配がありません。
そのためカミソリ負けなどのケガや
肌トラブルも起きにくくなります。

◎ お手入れが早く終わる

軽くシェーバーを押し当てるだけで除毛できるので
処理に時間がかからず手軽にお手入れすることができます。
また肌が乾いた状態で処理できるので
準備に時間がかからないのも魅力です。

4 VIO(デリケートゾーン)に使えるシェーバーランキング(2018年10月)

価格やさまざまな機能を比較して
コスパの良いシェーバーを集めました。

第5位【パナソニック】サラシェ 全身用

Amazon

出典:Amazon

値段:2,300円
重さ:約100g
電池式(単4電池×2)

持ちやすい形状で疲れにくい

自然に手にフィットして
持てるように作られたものなので
疲れずに使うことができます。

また、水洗いができて
お風呂でも使えるタイプの電気シェーバーです。
石鹸剃りにも対応しています。
VIO(デリケートゾーン)以外にも
ワキや腕、足などにも使うことができるので便利です。

第4位【ラヴィア】Iラインシェーバー

Amazon

出典:Amazon

値段:2,800円
重さ:約26g
電池式(単4電池×1)

はみ出しやすいIラインのケアに強い

特にはみ出しやすい
Iラインのケアがしやすいように
開発されたシェーバー
です。

T字の小さなヘッドなので
一般的なシェーバーでは
ケアしにくい細かい部分に適しています。

安全に配慮して
深剃りできないようになっており
色素沈着や埋没毛を防ぐ設計になっています。
防滴構造になっているので
水洗いやお風呂での使用も可能です。

第3位【フィリップス】ボディーグルーマー

Amazon

出典:Amazon

値段:1,635円
重さ:約82g
電池式(単3電池×1)

肌を傷めずムダ毛をトリミング

全身のお手入れに使用できる設計です。
スリムなデザインのため
範囲の小さいデリケートな部分にも使いやすく
形態にも便利です。

刃が肌に直接触れず
0.5mmの長さに整えられます。
また防水加工がされているので丸洗いできます。

第2位【ラヴィア】Vライントリマー

Amazon

出典:Amazon

値段:2,800円
重さ:約28g
電池式(単3電池×2)

ヒートカット方式で毛先を丸く!

カミソリやはさみ、シェーバーでの処理は
毛先がとがってしまいますが
Vライントリマーの熱線カットなら
毛先が丸くなります。なので
ムダ毛が下着や水着から突き出にくく
チクチクした感じを抑えることができます。

長さを7mmに揃えられるアタッチメントコームも付いています。

第1位【パナソニック】フェリエ ボディ用

Amazon

出典:Amazon

値段:3,438円
重さ:約18g
電池式(単4電池×1)

うす刃&スイングヘッドで密着シェービング!

VIO(デリケートゾーン)以外にも
ワキ・腕・足などの太い毛も処理できます。
約0.12mmの丸いうす刃なので
肌に優しく傷つけにくい形状です。

ヘッドが左右10°にスイングするので
肌に吸い付くように動きます。
肌の凹凸に合わせてくれるので
剃り残しが少なくシェービングできます。

5 コスパの良いVIO(デリケートゾーン)に使えるシェーバー比較表

Amazon

出典:Amazon

1位

【パナソニック】フェリエ ボディ用
価格:3,438円
重さ:約18g
Amazon

出典:Amazon

2位
【ラヴィア】Vライントリマー
価格:2,800円
重さ:約28g
Amazon

出典:Amazon

3位
【フィリップス】ボディーグルーマー
価格:1,635円
重さ:約82g
Amazon

出典:Amazon

4位
【ラヴィア】Iラインシェーバー
価格:2,800円
重さ:約26g
Amazon

出典:Amazon

5位
【パナソニック】サラシェ 全身用
価格:2,300円
重さ:約100g

6 VIO(デリケートゾーン)に使える女性用シェーバーの選び方

さまざまなタイプのシェーバーが販売されていますが
きちんと自分の理想の仕上がりになるように、
購入するときはよく選んでから買いましょう。
化粧ポーチから出たシェーバー

✓充電式or電池式タイプで選ぶ

女性用のVIOシェーバーは
充電式と電池式の2つのタイプに分かれています。
充電式は一度買えば電池を買う手間が省けますが
充電時間が8時間ほどかかる商品も中にはあります。

充電式を使いたい場合は
充電時間も確認しておくと良いでしょう。
それと逆で電池式は充電せずに
すぐ使えるという利点があります。

✓重たすぎないものなら、長時間使っても疲れにくい

シェーバーの重さが
どのくらいか確認しておきましょう。
顔用は軽いものが多いですが
ボディ用は本体が
重たくなっているものもあるので気をつけましょう。

✓防水タイプを選べばお手入れ簡単!防水はお風呂剃りも可能 

水洗いができる防水タイプなら使用後に洗浄できます。
また完全防水タイプは
お風呂で使用することができて
便利ですが、水洗いできても
お風呂での使用ができないものもあるので
よく確認しておきましょう。

✓刃が交換できるかどうか確認しましょう

刃は劣化する消耗品ですので
きちんと交換できるものを選ぶのがおすすめです。
交換できると切れ味も回復しますし
清潔に使うことができます。

刃がもし壊れた場合にも
交換可能だと安心ですよね。

7 VIO(デリケートゾーン)に使える女性用シェーバーの使い方

青いレースの下着を着た女性
電気シェーバーならカミソリよりも
安全にムダ毛の処理をすることができます。
満足のいく仕上がりになるように
ちょっとしたコツや電気シェーバーの
正しい使い方をご紹介します。

用意するもの

  • 電気シェーバー
  • はさみ
  • 新聞紙や大きめのビニール(毛が床に落ちるため)

自己処理の方法

1.毛を温めて柔らかくしておく
2.毛をハサミかヒートカッターでカット
3.鏡で見ながらシェービング 
4.シェービング後は必ず保湿する
ポイント毛をハサミで3~5mm程度にカットする。

ポイント強く押し当てすぎないように気をつける。
     深剃りしたいからと肌へ押し付けすぎないこと

ポイントゆるめの乳液やクリームで保湿する。
     VIO(デリケートゾーン)用の保湿クリームがおすすめ。


VIO(デリケートゾーン)の毛は
他の部分に比べて、毛が濃い上に量も多いです。
いきなり処理しようとしても綺麗に剃れません。

まずは処理する部分をしっかりと温めて
毛を柔らかくしておきましょう。
お湯やホットタオルで温めるのがいいですね。
お風呂上がりは清潔ですし
毛も柔らかくなっているのでおすすめです。

きちんと水気を拭いて乾いたあとに処理をしましょう。

8 VIO(デリケートゾーン)をシェービングする時の注意点 

形を決めて剃る
電気シェーバーを清潔にしておくこと

VIO(デリケートゾーン)の処理をするときは
必ずどのような形・仕上がりにするか
決めてから剃り始めましょう。

ぶっつけ本番で処理してしまうと
上手くいかなかった・・・
後悔してしまう可能性があります。

また処理に使う電気シェーバーに雑菌がいると
肌トラブルの原因にもなってしまいます。
きちんと清潔な状態を保っておきましょう。

9 自分に合うシェーバーを見つけよう!

可愛いバラの下着を着た女性
さまざまなタイプのVIO(デリケートゾーン)に使える
シェーバーをご紹介しましたが
自分に合ったシェーバーは見つかりましたか?

VIO(デリケートゾーン)には
カミソリや毛抜きなどよりも
肌を傷つけにくいシェーバーがおすすめです。
買ってから後悔しないようにきちんと選んで
今回ご紹介したような
正しい使い方で使用することが大切ですね。

VIOを整えて、可愛い下着もおしゃれに
着こなしちゃいましょう!

おすすめの記事