オヤジ

あなたは下の毛をどうやって処理していますか!?

最近は、男性も除毛に気を使う時代。VIO脱毛なども馴染んできたと思います。
一般的にVIO脱毛は女性がするものと思われがちですが、最近は男性もVIO脱毛などのデリケートゾーンを処理したいと思っている方は多いです。
清潔感もそうですが、異性との性行為の際にも衛生的な観点から除毛して欲しいと思っている女性も多いです。

昨今はネットやTVでもアンダーヘアを処理する「ハイジ男子」が登場し、一つのエチケットとして定着しています。

「ハイジ男子」とは
ハイジは「ハイジニーナ脱毛」の略で、アンダーヘアのムダ毛処理を行う男性の通称です。
男性でも清潔感の向上や異性への配慮といった観点から、アンダーヘアのムダ毛処理をする行為が注目されつつあります。

※ハイジニーナ脱毛:元々は「衛生・清潔」などを意味する英単語【hygiene(ハイジーン)】に由来し、ビキニライン、男性器周辺、肛門周辺を合わせて脱毛することを指します。

メンズリゼという脱毛クリニックの調査によれば65%以上の女性が、「適度に手入れされたアンダーヘアが理想」と回答しています。

しかし、下の毛を処理するとなると、除毛する方法は限られてきます。
除毛クリームのような除毛剤でもアンダーヘアに使えるようなものは少なく、肌の弱い方は肌荒れしてしまうリスクがあります。

一番確実な方法は「脱毛クリニック」に通うことですが、クリニックに通うとなると、何ヶ月も通わなければならなかったり、
費用も数万円は覚悟しなければいけないので、なかなか足が進みません。

もっと自宅で簡単に処理できるものを、選びたいという方にオススメなのが「ヒートカッター」です。
「ヒートカッターって火傷してしまいそうで怖い」という方も多いかと思いますが、使い方や注意点や商品の選び方などのポイントを
押さえておけば比較的キレイに除毛できます。何より、「適度に手入れされた」状態を自分で調節しながら使えるのもヒートカッターの美点です。

アンダーヘアを処理すると蒸れたりすることもないし、何より女性への配慮の面から見ても、除毛した方が良いでしょう。
これから、ヒートカッターについて解説して行きたいと思います。

 

 

ヒートカッターとは!?

ヒートカッターは熱で毛を焼き切ることでムダ毛を処理するアイテムです。

カッターなので、除毛剤のように肌との相性を気にする必要はありません。

VラインやIラインといったデリケートゾーンを自宅で処理するにはうってつけなため、人気があります。

焼き切ると聞くと、肌に当たったときに大火傷しちゃうのでは!?と思う方も居るかと思いますが、
ヒートカッターは毛を切るための熱線が肌に触れないようコーム状(くし状になっていて、肌をガードする形になっています。火傷も防げます。

カミソリやハサミとの違いは!?

カミソリやハサミは下手をすると、毛と一緒に肌も切ってしまうリスクがあり、使用しづらいです。
何よりこの方法でムダ毛処理すると、切り口が鋭角な形になってしまい、チクチクの原因になってしまいます。

ヒートカッターは毛を焼き切ることで、毛先を丸い形にするため、除毛した際のチクチク感はなくなります。

ヒートカッターにはいくつか注意点があります。

1つは根本から毛を取り去ることは出来ないため、ツルツルには出来ません。
コームでガードしているとはいえ、あまりに肌に近づけすぎると、火傷の恐れがあるため、1センチほどの長さに切るのが限界なのです。

やけどした場合は水で洗うか、軟膏をなどを塗って処理しましょう。

2つ目は毛というタンパク質を焼き切っているため、嫌な臭いがしてきます。

体毛を処理するので、どうしても臭いが下から上にのぼってきてしまうのが欠点です。

通気性のよい換気しやすい場所で使用しましょう。

3つ目は処理するまでに時間がかかることです。

カットをするのに一時間ほどかかる場合もあり、当然毛はまた伸びてくるので、何度も処理しなければいけなかったりと、長期的には手間がかかってしまいます。

ムダ毛処理を減らしていきたい場合は、抑毛ローションを使用する必要があります。

 

ヒートカッター・選び方のポイントは?

ヒートカッターを選ぶ際はなるべく簡単に使用できるかを確認しましょう。
以下の点に気を付けて選別するのが良いと思います。
また、ヒートカッターは市販ではなかなか発売されていないので、通販からの購入がオススメです。

クオリティ

保証付きの商品

購入する際は、しっかりと日本製かどうかを確認しましょう。海外のものは粗雑な作りのものが多いので、しっかりと説明書や保証書が付いてくるものを選びましょう。

公式サイトなどを見ると、返金保証が付いてくる場合もあります。もし、故障をしても日本産なら取り替えてくれるので安心感があります。

紙

種類

ヒートカッターには乾電池式のものと、充電式のものがあります。

乾電池式のものは2,000円~3,000円程度ですが、充電式は4,000~8,000円と高額になります。

ヒートカッターは使用時間が長いので、乾電池式だと消費するのが早く、すぐ買い換えなければいけなくなり、
長期的にはかなりのお金がかかってしまいます。

短期的に使用したいという方は乾電池式が良いと思いますが、長期的にムダ毛処理したい方は充電式がオススメです。

電池

スイッチ通電・ボタン通電式

 

スイッチ通電式はON・OFFで熱伝導の切り替えを行えるので、一度ONにすれば長時間使用もラクちんです。
しかし、スイッチの切り忘れると、火傷や火事の危険があるので、注意しましょう。

 

ボタン通電式はボタンを押すと通電し、離すと自動的に電気が切れます。
電源を切り忘れるといった危険性は低いですが、ボタンを押し続けていないと温まらないので、指が疲れてしまいます。

頻繁にムダ毛処理したい方は安全性の高いボタン通電式

頻繁に処理せず、その時々の長時間お手入れしたいという方はスイッチ通電式がオススメです。

重量

日頃使い続けることを考えると、重量にも気をつけた方が良いと思います。
単純に重いと手が疲れますし、ボタン通電式の場合は特に指に負荷がかかってしまいます。

2~40gほどの重さを選ぶのが適切だと思います。

ラディオ

ヒートカッターのランキングベスト5 

選び方のポイントを基にオススメランキングを作ってみました。
主にアンダーヘアに使用できるものをメインに選んだので、デリケートな肌の方にもオススメした商品です。
全ての商品に保証がしっかり付いてきます。

第1位フィリップス ボディーグルーマー お風呂使用可(カラダ用)

フィリップス

出典:Amazon

オススメポイント
「T字型で前後両方に刃が付いているため、時間短縮と剃り残しの軽減が期待できる」
「スキンプロテクター付きで0.5mm・3mmと長さ調節が可能。デリケートゾーンも処理しやすい」
「パワーが抑えめな電池式」

「コンパクトで持ち運びが楽」

商品名 フィリップス ボディーグルーマー
価格 1,638
電源 乾電池式
重量 80g
付属品 スキンプロテクター、コーム(3mm)、シャワーコード、クリーニングブラシ、単三乾電池


解説

全身の体毛に使用可能で本体価格も1,638円とヒートカッターの中でもかなりお得感のある商品です。
もし商品に欠陥があったとしても、2年間の保証が付くので安心感も強いです。
0.5mmのスキンプロテクターが付いているので、デリケートな肌にも安心して使用可。
入浴中の使用もバッチリで、もし商品が水に濡れても故障の恐れはありません。
ヒートカッター入門者に最もオススメしたい商品です。

第2位Vライントリマー

トリマー

出典:Amazon

オススメポイント
アタッチメントコームを付属。自然で清潔感のある長さの7mm程度に切り揃えられる
「熱で焼き切るので、切り口が丸く、チクチク感を抑えた作り」
「コームが熱線をガードしているので、熱線が肌に直接当たることもなく、安全性が高い」

「スイッチを押しながら使用するだけなので、使い方も簡単。」

商品名 Vライントリマー
価格 2,800円
電源 乾電池式
重量 28g
付属品 アタッチコーム


解説

Vライントリマーはビキニライン専用のヒートカッターです。見た目から女性用な感じがありますが、ヒートカッターは男女関係なく使用可能です。
付属のアタッチコームを使用すれば、自然で清潔感のある7mm程度の長さに仕上げることができます。
ヒートカッターの中でもトップクラスの使用率・人気度を誇り、Amazonにも数多くの投稿があるので、参考にしてみると良いでしょう。

第3位ラヴィア ケディオス


オススメポイント
使いやすくスリムなデザインで持ち運びが楽。
「刃が細く細部の処理も簡単・手軽に毛をアレンジできる

掃除用ブラシが付いてくるので、除毛後の毛の処理も簡単

商品名 ラヴィア ケディオス
価格 3,909円
電源 乾電池式
重量 28g
付属品 掃除用ブラシ


解説

スリムなフォルムで使いやすさ抜群のヒートカッターです。男性に使いやすいよう設計されたデザインでアンダーヘア専用に作られています。
掃除用ブラシも付属されていて、処理後のムダ毛も片付けやすいです。

第4位シルキーケア

シルキー

出典:Amazon


オススメポイント
「熱で焼き切るので、切り口が丸く、チクチク感を抑えた作り」
「コームが熱線をガードしているので、熱線が肌に直接当たることもなく、安全性が高い」

掃除用ブラシが付いてくるので、除毛後の毛の処理も簡単

商品名 シルキーケア
価格 2,651円
電源 乾電池式
重量 45g
付属品 ブラシ


解説

持ち運びも楽なコンパクトボディの除毛器です。一回のカット15秒を目安に使用しましょう。
使い方も簡単な発熱方式で、あんたの毛を丸くカット。ハサミなどと違って、チクチクすることがありません。
専用のブラシでお手入れも楽ちんです。

第5位V-Zone Heat Cutter any

しるき

出典:Amazon

オススメポイント
「2枚刃搭載で肌にしっかりフィット。力強いシェービングが可能。」
「防水構造なので、お風呂でも使用可能。」

単三電池一本で長時間使用可能
「収納袋、掃除ブラシ付属で携帯しやすく、ムダ毛処理が簡単」

商品名 V-Zone Heat Cutter any
価格 2,580円
電源 乾電池式
重量 42g
付属品 アジャスターコーム、掃除ブラシ、収納袋


解説

ビキニライン専用のヒートカッターと全身うぶ毛処理器のセットです。
デリケートゾーンとうぶ毛。どちらも処理しづらい部分がこのセットで一気に除毛できるのは嬉しいですね。
中国製ですが、日本で厳格なチェックを受けた製品で、保証書もちゃんと付いてきます。

ヒートカッターの比較表

ランキング見ただけではそれぞれの商品の特徴が掴みづらいと思うので
ヒートカッターの比較表を作りました。購入の歳の参考にどうぞ。

第1位 第2位 第3位 第4位 第5位
商品画像 フィリップス

トリマー

ラディオ

シルキー

しるき

商品名 フィリップス ボディーグルーマー Vライントリマー ラヴィア ケディオス シルキーケア V-Zone Heat Cutter any
販売価格 1,638円 2,800円 3,909円 2,651円 2,580円
電源 乾電池式 乾電池式 乾電池式 乾電池式 乾電池式
重量 80g 28g 28g 45g 42g
付属品 スキンプロテクター、コーム(3mm)、シャワーコード、クリーニングブラシ、単三乾電池 アタッチコーム 掃除用ブラシ ブラシ アジャスターコーム、掃除ブラシ、収納袋
サイト

 

ヒートカッターの使い方

除毛クリームの塗り方、シェーバーの効果的な使い方など
ヒートカッターを使用する前に以下の点を注意しましょう。

    ・入浴後の使用は避け、タオルなどで除毛したい部分を清潔にする

    タオル

    ヒートカッターは電気による熱で毛を切り取っているので、アンダーヘアに水分が付いていると、正常に熱が伝わらなかったり、
    うまく毛が切れなかったりと時間がかかってしまいます。お風呂上がりなどには極力使わないようにしましょう。
    入浴後の場合は、しっかり水分をふき取りましょう。

     

    ・浴室での使用はNG
    あま

    浴室は湿気がこもりやすいので、感電の危険性が高いです。通気性いい場所を選んで処理しましょう。
    (ヒートカッターの中には浴室で使えるものもあります。)

     

    ・コームを無理に押し付けない

    やけど

    ヒートカッターは熱動線が直接肌に当たらないよう、セーフティカバーが付いています。

    しかし、ムダ毛を短く切ろうと無理にコームを近づけすぎると火傷をする恐れがあるので、使用する際は肌から5mm以上の感覚を保ちましょう。

     

    1.アンダーヘアをキレイにしておく

    タオル

    ティッシュやタオルなどで、アンダーヘアに汚れがない状態にしましょう。

    デリケートゾーン専用スプレーで匂い対策をしておけば作業中も焦げくさい匂いでストレスを感じることはありません。

     

    2.カット範囲や長さを決める

    どの部分をカットするか、どのぐらいの長さにするかを予め決めましょう。
    Vラインは2~3cmIOラインは短めに切ると、キレイな仕上がりになります。

     

    3.アンアダーヘアをとかす

    普段お手入れしていない毛は絡みやすくなっているので、ヒートカッターが上手く通らない可能性があります。
    電源を切った状態のヒートカッターで軽くとかせば、ヒートカッターも通りやすくなり、仕上がりもキレイになります。

    Vラインなどは椅子に腰掛けた状態で行うと姿勢が安定します。

    Iラインを処理する場合はを床に置き、しゃがみこんで処理します。

     

    4.カットする

    コーム部にムダ毛を少量ずつ通して、カットします。

    一度にたくさんの毛をカットすると、毛の長さが揃いすぎて不自然な形になってしまいます。5~10本ずつカットしていきましょう。

    最終的な仕上がりよりも少し長めにカットして、後に調整する方が安全です。

     

    5.仕上げをする
    万

    不揃いさが気になる部分を少しずつ切って、全体を整えましょう。これで作業は終了です。

     

    ヒートカッターはこんな方にオススメ!

    • 自宅でムダ毛処理をしたい人
    • ムダ毛処理の時間を定期的に取れる人
    • 除毛クリームのように定期的に購入していくものより、継続的に使える除毛品が欲しい人
    • アンダーヘアのお手入れに初めて挑戦する人
    • ヘアデザインを練習したい人
    • ツルツルは嫌なので、ある程度の長さに調整していきたい人

    花

    ヒートカッターを使用する際に、オススメの商品まとめ

    抑毛ローション

    ヒートカッターは、一時的な除毛に過ぎず、ムダ毛処理の頻度を減らせていけるわけではありません。
    そこでオススメなのが、抑毛ローションです。除毛後や入浴後の肌に使用するだけで、発毛速度を大幅に落としていけます。
    定期的な処理が面倒くさい。もうちょっとムダ毛処理の頻度を抑えたいという方は使用して損はないと思います。

    「ヴィーナスエピレ」抑毛ローションで一番オススメ!

    ヴィーナスエピレ

    パパイア果実エキス、パイナップル果実エキスなどの天然由来成分が多く配合されており、全身に使用できます。
    見た目も泡立ちも本物の石鹸と変わりません。それほど優しい使い心地なので、抑毛成分もしっかりと肌に浸透。
    保湿効果もあるので、敏感肌のデリケートな肌もしっかりガード。使い続けれればしっかりとムダ毛処理の頻度を落としていけるでしょう。

    ヴィーナスエピレ 石鹸タイプの抑毛剤
    価格 3,280円
    内容量 80g
    成分 カリ含有石ケン素地、水、ブロメライン、パパイン、グリチルリチン酸2K、豆乳発酵液、ダイズ種子エキス、ラレアディバリカタ葉エキス、パパイア果実エキス、パイナップル果実エキス、香料、グリセリン、BG、レシチン、クチナシ色素 

    まとめ

    ヒートカッター まとめ
    ・65%以上の女性が男性のアンダーヘア処理を支持

    ・ハサミなどで処理すると、毛先が鋭い形になって、チクチクしてしまう。

    ヒートカッターなら毛を丸く処理できるので、毛先を丸く処理するため、除毛後のチクチク感はない。

    ・選ぶ際はできるだけ国内産で保証がついてくるもの。軽いサイズのものを選ぼう


    ・短期的に使用したいという方は乾電池式、長期的にムダ毛処理したい方は充電式を選ぶ。


    ・値段も安く、付属品や保証もしっかりしているフィリップスボディーグルーマーが一番オススメ。


    ・魅力的な簡単処理 使用する前にアンダーヘアをキレイにし、カットする範囲を決める。
    あとは、ヒートカッターで少量(5~10本)ずつカットするだけ。


    ・ヒートカッターはアンダーヘアを初めて処理する人、自宅で処理したい人にオススメ


    ・ムダ毛処理の頻度を落とすために抑毛ローションなどを使用しよう。面倒なムダ毛処理を最低限に抑えて、理想な体へ。

    最初は自己処理面倒くさいなと思っていた僕でしたが、除毛剤と違って、継続的に使えるのがポイント高いなと思いました。
    除毛剤の中にもアンダーヘアに使えるものはありますが、肌荒れが怖くてなかなか手を出せないという除毛初心者の方には
    ヒートカッターは最適だと思います。コームという部分が肌をガードしてくれるので火傷の心配はありません。

    アンダーヘアをツルツルにするのは抵抗があるが、適度な長さに調整したいという方にも安心してオススメできます。
    まずはお試しからでも、理想の体を目指して、行動していくことが大切です。

    上半身裸の男性

    おすすめの記事