男
快適なヒゲ剃りに欠かせないメンズシェーバー
ヒゲ処理の中でもトップクラスに安全性が高く、短時間で邪魔なヒゲを剃ることができます。
朝の忙しい時間でも水やジェル要らずでヒゲを剃毛してくれるので、忙しい会社員の方でも手軽な方法です。

シェーバーはパナソニックやブラウンといった有名メーカーも力を入れているほどポピュラーな除毛法ですが、
商品が多すぎてどれを選んだら良いのか解らないという方もいらっしゃるはずです。

そこで脱・毛うんざり編集部を選ぶ時のポイント
「除毛力の高さ」「使いやすさ」「長期間使用可能」「防水力の高さ」「安全性」
を調査した上で、最強の電気シェーバーを5つ厳選してみました!

シェーバーを選ぶ際のポイントから厳選した5商品

第1位 第2位 第3位 第4位 第5位
商品画像

パナソニック

いずみ

いずみ

回転

ひだち

商品名 パナソニック ラムダッシュ メンズシェーバー 3枚刃 IZUMI VIDAN 往復式シェーバー ソリッドシリーズ 4枚刃 IZUMI Z-DRIVE ハイエンドシリーズ 往復式シェーバー 4枚刃 フィリップス アクアタッチ メンズ 電気シェーバー 45枚刃 日立(HITACHI) S-blade 4枚刀
販売価格 8,336円 4,237円 7,000円 6,900円 6,480円
タイプ 往復式 往復式 往復式 回転式 往復式
電源 充電・交流式 充電・交流式 電池式 充電式 電池式
防水 自動洗浄 水洗いタイプ 水洗いタイプ 水洗いタイプ 水洗いタイプ
メーカー パナソニック IZUMI  IZUMI  フィリップス 日立
サイト

1.電気シェーバーの特徴・カミソリとの違いは!?

刃を使ってヒゲを除毛する方法はカミソリか、シェーバーがあります。
カミソリとの具体的な違いを確認した上でシェーバーの特徴を見ていきましょう。

カミソリとの違いその①準備が要らない

カミソリでヒゲを剃る場合、そのまま使うと肌へのダメージが大きいので、
シェーピングクリームや水などで下準備をする必要があります。

しかしシェーバーは必ずしも泡や水が必要なわけではありません。
基本的に電源を入れて、肌に押し付けるだけで、ヒゲを処理してくれるので、手間がかかりません。

シェーバーは防水タイプのものもあり、歯を外さずとも丸洗いすることもできるのです。

カミソリとの違いその②お肌に優しい

シェーバーはカミソリと違って、圧倒的に肌に優しいといえるでしょう。

ヒゲ剃りに使われるカミソリの主流はT字タイプのものですが、刃が直接肌に触れるため、
刃の角度を間違えると、肌を切ってしまうこともあります。

電気シェーバーは外刃と内刃でカットする方法が特徴的で、
内刃が直接肌を傷つけないようになっているので、肌を傷つけずに剃ることができます。

カミソリとの違いその③安価で長持ち

カミソリを使い続けると、刃も錆びやすいし、適度に買い替えが必要になってしまうので、
長期的には結構な金額がかかってしまいます。

電気シェーバーを購入する時はある程度まとまったお金が必要にはなりますが、
3000円~高くても10,000円ほどで購入できます。

一度に使う金額はカミソリと比べれば大きいですが、
その分電気シェーバーを使っている人は5~10年くらい使用している方も多いので、
長期的にヒゲ処理したいという方は圧倒的にシェーバーの方がお得といえるでしょう。

メンテナンスをすると切れ味が長持ちします。1週間に一度はしっかり掃除して下さい。

2.充電式電気シェーバーの選び方のポイントは?

電気シェーバを選ぶ際はいくつかのポイントがあるので、紹介していきます。

肌質で選ぶ

ヒゲ
電気シェーバーを購入する上で、最も重要なポイントはまず、自分の肌質を確認することです。

いくら凄い性能を持っていても、肌質によってシェーバーは使い心地が悪かったり、
肌荒れをしてしまうリスクがあるので、まずは自分の肌質を基準に選びましょう。

敏感肌の方は回転式の電気シェーバーを選ぼう

肌が乾燥しがちで、シェーピング後でもカミソリ負けが起こりやすいという敏感肌の方は摩擦が少なく、
肌への負担が少ない回転式の電気シェーバーを選びましょう。

肌は強くないけど、深剃りしたいという方はロータリー式を選ぶとダメージを抑えながら剃ることができます。

深剃りしたい方は回転式の電気シェーバーを選ぼう

ヒゲが濃く、剃ってもすぐ生えてきてしまう方は、一度にしっかりとシェーピングができる往復式の電気シェーバーや、
剃り味が鋭いロータリー式を選ぶのがオススメです。

駆動方式で選ぶ

駆動方式とは内刃の動き方のことを指します。主に「往復式」「回転式」「ロータリー式」の三種類があります。
それぞれが肌質に合った働きをしてくれるので、電気シェーバーを購入する上で駆動方式を選ぶのは大きな基準になります。

往復式

往復

往復式型は網状のような外刃でヒゲを立たせて、左右に往復する内刃でヒゲを剃る方式です。
シェーバーの中では一番ポピュラーな形状です。

内刃が高速で往復するため、使用時の動作音が大きいのがマイナス面ではありますが、濃いヒゲや太いヒゲはもちろん、
細い毛やくせ毛など幅広いムダ毛を除去してくれます。

摩擦が強いため、肌の弱い敏感肌の方やヒゲが薄い方には不向きなアイテムかも知れませんが、
パワーが強く短時間でヒゲ剃りしたい方には最適です。

回転式

シェーバー
回転式は外刃が円形で、中の内刃が回転することにより、ヒゲを剃ります。

シェーバーではあまり、有名ではないかもしれませんが、外刃の面積が大きいため、
広範囲にヒゲ剃りできるため、剃り残しが少なくなります。

一度に広範囲のヒゲを剃ることができるため、何度も肌を擦る必要もなく、摩擦が少なく、ヒリヒリ感も軽減されます。
敏感肌や乾燥肌向けの方向けのダメージが少ないシェーバーです。ただ、深剃りはできないため、剛毛な方には効果が薄いです。

往復式と違って、動作音も比較的静かです。

ロータリー式

ロータリー
ロータリー式は往復式と見た目は似ていますが、ロータリー式は外刃でヒゲをとらえて、
らせん状になっている内刃が外刃の内側で回転します。

往復式と回転式の特徴を併せ持っていて、肌当たりはなめらかで。剃り味はシャープ
T字カミソリに近い感覚で使用できます。

電源タイプで選ぶ

電気シェーバーの電源タイプは「充電交流式」「充電式」「乾電池式」の3種類のタイプがあります。

電池
充電交流式
充電交流式は、コンセントに充電コードを挿し、充電しながら使用できるタイプです。
充電切れの心配がなく、常にフルパワーで剃ってくれるのが特徴です。

充電式
充電式は、使用前に充電が必要なタイプで、使用時間はそれほど長くはありませんが、使用中の感電を防ぐため、
防水設計されていることが多いです。お風呂剃りをしたい方にはオススメです。

乾電池式
2~3000円程度の安価な商品は乾電池式が多いです。

電池の買い替えが必要になるので、長期的に使うとなると結構な料金がかかってしまいますが、
比較的でコンパクトで使いやすく、旅行などにも持っていきやすいです。

防水タイプで選ぶ

基本的にシェーバーは水やジェルなどを使わなくても、手軽にヒゲ剃りすることはできます。
しかし、お風呂場で体を洗ったついでにヒゲを剃ってサッパリしたいという方や敏感肌が心配で、
ジェルを使用しながら使いたいという方もいらっしゃるはず。

そうした時は防水機能付きかどうかをしっかりと確認しましょう。

防水タイプは本体丸ごと水洗いしても大丈夫なほど、頑丈なものが多いです。
長く使っていくとなると、防水タイプの方が良いかもしれません。

人気メーカーで選ぶ

電気シェーバーを購入する際は扱っているメーカーを確認しておきましょう。

有名なメーカーなら、購入後の保証もしっかりしていることも多いですし、高品質なものも多いです。
有名な商品なら口コミも気軽にチェックできるため、安心感があります。

電気シェーバーの人気メーカー
パナソニック(Panasonic)
フィリップス(Phillips)
ブラウン(BRAUN)
日立(HITACH)
IZUMI(泉精器)

3.電気シェーバー(10,000円以下)のランキングベスト5 

10,000円以下の電気シェーバーでオススメなものを厳選してみました!
いきなり1万円と言われると値段が高く感じてしまいそうですが、10年先も使っていけるような機能・性能が高い
ものを厳選しているので、シェーバー初心者の方も是非ご覧ください。Amazonなどの口コミも参考に載せいています。

第1位パナソニックラムダッシュ メンズシェーバー 3枚刃

パナソニック

出典:Amazon

価格 8,336円
駆動式 往復式
電源タイプ 充電・交流式
防水 自動洗浄
メーカー パナソニック

電気シェーバーはパナソニックの3枚刃が一番ではないでしょうか?4枚刃以上だとヘッドが大き過ぎて使いづらくなるし、私にはアルコール洗浄器は不要。この製品も本当に肌を傷めず深ぞりが出来、手入れも簡単。期待通りの物でした。

この機種の下位機種に相当するES-AST2Aから買い換えました。

肌が弱く、上記の前機種では剃り終わるとヒリヒリしていましたがこの機種ではヒリヒリがなくなりました。
刃は同じものを使っているそうですが、前機種では剃っている間に硬いものを切っている感触が手に伝わってきていましたが、この機種では撫でているだけのように感じます。あたかも切れ味が増したかのようです。
剃り残しも減っており、前機種では多少押し付けて剃っていましたが、その必要がなくなりました。

色々と書きましたが、肌に優しいものを求めていたので買い替えに満足しました。

第2位IZUMI往復式シェーバー ソリッドシリーズ 4枚刃

いずみ

出典:Amazon

価格 4,237円
駆動式 往復式
電源タイプ 充電・交流式
防水 水洗いタイプ
メーカー IZUMI

 

使っても、使っても充電がなくなりません。
毎朝、「強」モードで5分ほど使用していますが、
充電は月に1回くらいかな。
手元にインジケーター表示されるのもいいですね。

通常の刃が3枚と間にクセ髭トリマー。
よくそれて、サッパリします。

快適すぎて、内部の掃除を忘れるほど。
外刃をはずすとなかにどっさりヒゲがたまってって
ビックリするくらいです。

こんな素敵な商品が日本製なんてなんだか誇らしいですね。

 

よく剃れます。
以前は有名なブランドの
高級な髭剃りを使ってましたが、
それの三分の一の値段で、性能
は遜色ないです。
バッテリーの持ちも良いので、
良い買い物をしたと満足して
います。

 

第3位IZUMI Z-DRIVE ハイエンドシリーズ 4枚刃

いずみ

出典:Amazon

価格 7,000円
駆動式 往復式
電源タイプ 電池式
防水 水洗いタイプ
メーカー IZUMI

 

最上位機種、この価格、よく剃れるので、購入してよかったです。
はじめはターボを使っていませんでしたが、ターボの方がよく剃れ、
肌荒れも少ないので、最近はターボで利用しています。
電池の持ちも良いです。

 

使用時間によると思いますが、私の場合は3週間~1ヶ月に1度くらいしか充電をしなく
ても済んでいるので非常に助かっています。

剃り残し等もなく、コストパフォーマンスに優れていると感じました。

見た目もスタイリッシュで、満足のいく製品でした。

第4位フィリップス アクアタッチ メンズ 電気シェーバー 45枚刃 

回転

出典:Amazon

価格 6,900円
駆動式 回転式
電源タイプ 充電式
防水 水洗いタイプ
メーカー フィリップス

入浴時に使用しています。
私の皮膚には、この程度の朝剃り感がピッタリです。
剃った後が痛くならない(ヒリヒリしない)
モーター音も静かでよい。

ナショナル交流式の髭剃りをメンテをしながら使っておりましたが、27年目にしてスイッチが壊れ、やむなく今回の購入に至りました。元々肌は強い方ではありませんので、肌にやさしいものを探していたら本製品に遭遇。届いて使ってみた初めての感想は、肌に当たる感触が包み込む様な感じでよく考えて作られている事、当然剃り味はヒリヒリせず抜群にGood。水洗いも出来るので清潔です。自分としては髭剃りの劇的な進化に、ただただ驚いています。尚、値段も4,000円を切る値段でコスパは最高ですね。またこのモデルはニッケル水素電池ではなくリチウムイオン電池を採用しているので、また長く使えそうです。

第5位日立(HITACHI) S-blade 4枚刀

ひだち

出典:Amazon

価格 6,480円
駆動式 往復式
電源タイプ 電池式
防水 水洗いタイプ
メーカー 日立

 

4枚刃のため深剃りが可能で、濃い髭の自分には最適なシェーバーです。
他社の製品も使用しましたが、この商品が最も自分に合っていると思います。
シェイビングクリームでの使用もOK!
水洗いにより、掃除も簡単なのがいいですね。

これで十分に剃って風呂前に入ると、敢えて剃刀を使う必要はございません。
剃刀の替え刃は高額なので、日立の電気シェーバーに、これからも期待してます。


4.ヒゲ剃りしたい方は抑毛ローションがオススメ

生えやすい人なら毎日しなくてはいけないヒゲ剃り。面倒くさくありませんか!?
抑毛ローションを使えば、永久脱毛とまではいかないまでも、ヒゲが生えるスピードを格段に遅くすることができます。

抑毛ローションは美容や保湿成分も豊富なので、敏感肌の方はヒゲ剃り後のお肌ケアにもなります。
抑毛ローションでオススメなのが「ヴィーナスエピレ」です。

女性ホルモンを促し、抑毛や美容に効果のあるダイズ種子エキスや、豆乳発酵液が配合されており、全身に使用できます。
石鹸のような感覚で、使用感も優しく、ヒゲ剃りした後にも気軽に使用することができます!

単品 3,218円(税込)
3個セット 9,655円(税込)
5個セット 15,980円(税込)
内容量 80g
成分 カリ含有石ケン素地、水、ブロメライン、パパイン、
グリチルリチン酸2K、豆乳発酵液、
ダイズ種子エキス、
ラレアディバリカタ葉エキス、パパイア果実エキス、
パイナップル果実エキス、
使用部位 全身
使用方法 石鹸をよく泡立てて、包み込むように優しく洗い、その後洗い流す。

 

5.まとめ

電気シェーバーの選び方 まとめ
・電気シェーバーを選ぶ際は自分の肌質を確認して選ぶこと。
・往復式は剛毛の方に。回転式は敏感肌の方に、ロータリー式は敏感肌だけど、剛毛を処理したい方にオススメ
・充電しながら使える充電交流式と、充電式、乾電池式があり、タイプによって、使用時間が異なるのでよくチェックしましょう。
・お風呂で使いたい方は防水タイプを選びましょう。
・人気メーカーが発売元のものは安心感が強く、口コミも簡単にチェックできるのでおすすめです。
(人気メーカー:パナソニック、フィリップス、ブラウン、日立、IZUMI)

電気シェーバーはジェル要らずで、肌を傷つけることなく、剃毛できることが魅力的です。
昔はカミソリで肌を切ってしまった経験がある僕でも簡単に使用することができて、もう5年ほど使っているのに問題なく使うことができて
いますので、買い替えの心配もありません。

メーカーによって剃り心地も違うようですが、やはり外国製よりも、日本人の肌のことを考えて作られたパナソニックの製品が使用感バッチリな
使い心地でした。毎日手こずっていたヒゲ剃りもだいぶ楽になって、ちょっとした時間でもヒゲ処理できるようになったのでとてもオススメです。

肌荒れも起きておらず、女子社員からも「○○さんって肌キレイ」ですね。とお褒めの言葉をもらっています。
最近は一万円という値段でも効果が高いものが多く、技術も上がってきた感があるので、あなたのヒゲ剃りのお供として愛用していけこと
間違いなしだと思います。気になった方は是非、手を伸ばしてみましょう。

笑顔

LINE@から超人気コスメ

無料モニター情報配信しています!

是非ご登録ください!


友だち追加

おすすめの記事